よくある質問

心療内科と精神科はどう違うの?

様々な身体の病気(高血圧、頭痛、過敏性腸症候群など)が、心理的・社会的な要因で発症したり、悪くなることを心身症と呼びますが、心療内科は主に心身症を扱う、その名の通り「内科」です。
ただし一般内科とは異なり、心療内科では身体面のみならず、心理面からもアプローチして治療します。それに対し、精神の病気を診るのが精神科です。

しかし、うつでも、吐き気や動悸などの身体症状として発症することが多く、パニック障害では、突然息苦しさや発汗などの身体症状が一気に押し寄せたり、精神疾患でも身体の症状を多く伴うものがあります。
実際、うつ病患者さんの多くは、最初は内科や耳鼻科などの身体科を受診すると言われています。このようなケースも心療内科で扱うことが多いです。
このように、心療内科と精神科で扱う疾患はオーバーラップする部分もあります。

しかし以下のように、心療内科では十分治療できない精神疾患もあります。

  • 統合失調症(その他、幻覚、妄想を伴う状態)
  • 躁うつ病、極めて重症のうつ病
  • 発達障害
  • 解離性障害(多重人格など)
  • 自傷・他害行動、切迫した自殺念慮を伴う状態
  • 物質依存症(アルコール、薬物など)

 など

このような患者さんは、他院精神科をご紹介させていただくことがあります。

予約しないと受診できませんか?

受診は可能ですが、予約の患者さんが優先のため、かなりお待ちいただくことがございます。

できれば予約をお勧めします。心療内科の初診は、診察時間を長く取らせていただく関係で、後日の診察予約をお勧めすることがございますのであらかじめご了承ください。